OUR PROJECTS

1/5
高岡文化財修復拠点化事業

 本事業は、釈迦三尊像再現に続くクローン文化財事業の次なるステップとして、生産拠点形成と日本工芸産業再生を大久保利通、前島密、九鬼隆一らが推し進めてきた明治初期の文化立国政策に学びながら実現を目指し、次世代の工芸産業の担い手の育成にも繋げるプロジェクト。
 

 産地では職人の高齢化が進んでおり、高い評価を受けた鋳造加工技術を次世代への伝承、新たな技術力の習得による人材育成が喫緊の課題となっている。これを解決するための具体的な取り組みとして、伊東プロデューサーがアドバイザーを務める富山県高岡市の地場産業である高岡銅器の鋳物事業者を中心にコンソーシアムを構成し、高岡銅器業界固有の鋳物・加工技術を活用した文化財等の修復や再現を実現させる新たな事業分野の需要開拓を目指す。また新たな技術の習得や、鋳造技術・技法を次世代に伝承するためにコンソーシアムの実施体制を整え、情報発信、市場調査の深堀、見本品制作等に取り組む。

​参画機関:

三菱地所株式会社、NTT都市開発株式会社、株式会社朝日新聞社、株式会社アトム、住友商事株式会社、三菱ケミカル株式会社

© 2020 by 東京藝術大学COI拠点 文化外交・アートビジネスグループ